本文へ移動

社長挨拶

代表取締役社長 荒木 貞行
 荒木商事株式会社は1916年(大正5年)に創業した100年を超える会社として地域と共に
 育てて頂いた会社です。樟の木から採取される樟脳油の専売及び木材業を生業として創業し、
 その後石油製品の販売、発電所向け機械部品の販売とエネルギーの変遷と共に変化して
 まいりました。
 私どもの住む街には風力発電・太陽光発電、火力発電所、原子力発電所があります。
 重要な設備を守るために専門的な知識と技術を習得するため人材育成に力を入れております。
 『暮らしを支えるエネルギー』エネルギー産業を担うことに誇りを持ちながら、お客様や地元に
 貢献し、信頼出来るパートナー会社を目指しております。
 今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
TOPへ戻る